お風呂で水のトラブルが発生!そんな時にお風呂修理はどうする?基本的な知識を紹介!

お風呂で起こりやすい水漏れトラブルは大半が設備の経年劣化が原因と言われています。
シャワーヘッド、蛇口からの水漏れは、部品交換や市販の工具などで改善するので素人でも対応は可能です。
浴室のヒビ割れによる水漏れは、中途半端な知識と付け焼刃の修理ではより状況が悪化するケースもあります。
お風呂修理を専門としている業者に修理の依頼をしすることが大切です。
修理代が高くつくようであれば、リフォームによる交換も視野に入れる必要があります。

お風呂で水のトラブルが発生!そんな時にお風呂修理はどうする?基本的な知識を紹介!

お風呂で起こるトラブルで比較的多いのが水漏れです。
蛇口やシャワーヘッドが本来と異なる場所から水が漏れている場合にはゴムパッキンの寿命、接続部の緩みなどが考えられます。
市販のゴムパッキンと交換、工具で締め直すといった対処で改善が可能です。
一方で浴室の水漏れは、素人の付け焼刃のお風呂修理では改善が難しいと言われています。
材質や利用頻度で異なりますが、一般的に浴室の耐用年数は10年から15年程度です。
ヒビ割れは接着剤など中途半端なその場しのぎでは状況が悪化することもあります。
専門の知識と技術を持った業者にお風呂修理の依頼をして、必要に応じて新しい物へ交換しなくてはいけません。

お風呂修理をすべきトラブルにはどんな症状がある?

長年にわたり生活を送っている住宅では、後にお風呂修理が必要になる可能性は十分にあります。
まずは蛇口からの水漏れをあげることができますが、ゴムパッキンの交換で直しても、直ぐに同じ個所から水漏れが起きてしまうようであれば、蛇口側の耐用年数が過ぎていると判断できるので、新品へと交換することが必要になります。
他の症状では混合栓がレバー式ではない場合は、ハンドルを回す際に以前よりも力が必要とされたり、蛇口からお湯を流した場合、錆が混入している場合でもお風呂修理が必要です。
ハンドルは劣化による固着が原因となり、錆びの問題は給水管に原因があるので、どちらも交換作業を行うことが求められます。
後は排水口の問題になりますが、お風呂の場合は洗面器のお湯を一気に流しても直ぐに排水できる能力がありますが、以前と比較をした場合、流れるスピードが遅くなり、洗い場には水が完全になくなるまでシャワーや洗面器を直ぐに利用できない症状もお風呂修理が必要な事例です。

お風呂修理すべきなのに大丈夫?トラブルを放置し続けるリスクとは?

長く使用しているお風呂の中には、ユニットバスを使っている住宅も多数あります。
ユニットバスは在来工法とは異なり、基本的にはかなりの耐久性があり、掃除が簡単なメリット、タイル目地が無いのでカビや汚れを落としやすいメリットなどがあります。
ところが長年使っていると本来であればお風呂修理を必要とするトラブルが起きていても、そのまま放置して使い続けている方もいるのではないでしょうか。
お風呂内でのトラブルは主に水漏れとつまりになりますが、水漏れに関しては、蛇口のハンドルの下から少し漏れている現象、先端から少し漏れている現象、自在パイプの付け根から漏れている現象があり、パッキン交換で直ぐに直すことは前提にありますが、この程度であれば大きなリスクはありません。
問題になる水漏れは、混合栓と給水管との接続部分をあげることができます。
古い住宅では金属製配管を使っているので、錆が接続部分から下側へと壁面に付着するので分かりやすいのですが、この状態でお風呂修理をせずに放置すると、壁の内部に水がたまり、後に木材を腐食させることで大掛かりなリフォームが必要になるリスクがあります。

お風呂修理は自分で可能?こんな時には直ぐに業者を呼ぼう!

お風呂修理を必要と感じていて、原因が蛇口の水漏れ関連であれば、自分で修理をすることは決して不可能な範囲ではありません。
混合栓を使っていることが前提ですが、複数の箇所にゴムパッキンが取付けられているので、インターネットから漏れている箇所とパッキンの対照表を確認することで自力でお風呂修理をすることはできます。
注意点はありウォーターポンププライヤーが必要とされ、後はプラスドライバーやレンチが揃っていれば問題はないものの、普通のプライヤーしか持っていない場合は、先端の内側にはギザギザが付いていることが多いので、蛇口に傷を付けないようにする工夫が注意すべき点です。
この問題は先端に薄めの布を固定したり、薄いゴム版を挟み込む方法、手軽な方法では古くなって捨てても良い靴下を活用する方法も使えます。
混合栓全体を新品に交換するには、給水管との接続部分を外す作業が必要です。
簡単に外せれば自分でできますが、もしも硬くて回せない場合は配管が折れるリスクがあるので、この場合は専門業者に任せた方が安心です。

お風呂修理が必要になる前に!しっかり掃除してトラブルを予防!

お風呂修理は業者に来てもらう必要がありますし、家に上げることになるので、必要となる前にトラブルを予防することが大事ではないでしょうか。
お風呂修理のトラブルの原因で多いのは、掃除を怠ったことによる排水口の詰まりです。
髪の毛や石鹸カス、落とした歯ブラシなどが排水口に流れ込み、内部で蓄積してやがて詰まりの症状を引き起こします。
お風呂修理が必要になるほどの排水口詰まりは滅多に発生しませんが、それでも掃除の手を抜いて良い理由にはならないです。
予防をすればお風呂修理の必要性も、費用の負担も避けられますし、何より毎日気持ち良く使うことができます。
排水口は浴室を使う度に必ずゴミを回収すること、詰まる兆候が見られたら市販の洗浄剤を使用するなどして対処するのがおすすめです。
これは浴槽外だけでなく浴槽内にも共通しますし、トラブルを防ぐには掃除が必要不可欠ですから、掃除が苦手でも観念して習慣化するのが正解ではないでしょうか。

賃貸物件のお風呂修理依頼は、まず管理会社に相談しよう

住まいのトラブルは、予想もしない時に突然起こってしまうものです。特に困るのは、お風呂に係る故障ではないでしょうか。
お風呂のトラブルとして想定されるのは「突然お風呂のお湯が出なくなった」「浴槽にヒビが入ってしまった」「排水トラブルが起きた」といったものをはじめ、他にもさまざまあります。
出来れば自分で直したい、と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、水まわりの事は失敗すると大事につながる可能性もあります。お風呂修理も、プロに任せるのが適切と言えるでしょう。
もし賃貸物件にお住まいの方なら、お風呂修理を自分で直接業者に依頼するのではなく、まずはお住まいの物件の管理会社に連絡・相談するようにしましょう。管理会社を通すことで、修理費用を自分で負担せずに済むケースもあります。
自分で直接業者に依頼すると、費用の面でも負担が大きくなるだけでなく、何かトラブルがあった際、物件の契約規定に引っかかってしまう場合も想定されます。

古くなったお風呂修理をするにはDIYで可能なテクニックがあります

老朽化してしまったユニットバスをお使いの住宅では、劣化によるお風呂修理が必要になることがありますが、作業においては修理会社に任せるのではなく、DIYの範囲で直せる方法や場所はいくつかあります。
まずは老朽化しているのであれば、混合栓は新品に交換する作業になり、六角レンチとプライヤーがあれば決して難しい作業ではありません。
ユニットバスの場合はFRPで作られている丈夫な資材になりますが、劣化により穴が開いてしまったり、目立つひび割れが出来ているお風呂もあります。
この場合はパテを使うテクニックがあり、浴室でも使えるタイプで尚且つ2剤を混ぜ合わせて使う粘土状のパテは簡単に使えます。
大きめな穴であればそのままパテで埋めることができますが、小さな穴やヒビ割れの場合、敢えて周囲をノミとハンマーで拡大し、パテで埋めるテクニックが最適です。
乾燥後には研磨を行い耐水ペーパーを用いると綺麗な平らの面に仕上げることができ、その後はユニットバスの近似色の塗料を塗る方法でお風呂修理はDIYでもできます。

給湯器が壊れてお風呂修理をすることになった

お風呂修理の原因でよくあるのが、「給湯器の故障」です。給湯器が故障してしまうとお湯を温めることそのものが出来なくなったり、お風呂が稼働しなくなります。
お風呂修理を依頼するときは、早めにしっかりとその原因を確認することが大切です。修理する箇所次第では、部品や必要なものを取り寄せることが大切になります。お風呂に入れなくなってしまうと困るので、まずは早めの連絡をしましょう。
お風呂修理の原因が給湯関係ではないという場合は、さらにその原因をプロにチェックしてもらわないといけません。
なので、お風呂修理をするときには「わからない」ときちんと伝えておくと良いです。
給湯するための機械が故障したときは、お風呂そのものが使えないというよりも交換しないといけなくなります。なので、まずは何が原因かを業者に確かめてもらわないといけません。
素人が適当な判断でものを言ってはいけません。故障や不具合の原因はプロが必ず見つけます。

お風呂修理で浴槽を対象とした施工方法の一連の流れ

お風呂修理を必要としている方の中には、ユニットバスで浴槽に問題を感じている方も存在しています。
表面の本来の色が剥げてしまったり、底面に穴が開いている問題などがありますが、この範囲でのお風呂修理はプロに任せることが最適ではありますが、経費削減でDIYで行うことを希望している方は、資材や材料の選定はかなり重要です。
ホームセンターに行くと防水性の高い塗料が販売されていますが、このタイプの塗料はユニットバスに使うと短期間で剥離してしまいます。塗料は浴槽用として販売されている商品に限定することが必須になり、ネット上から探せば通販サイトから入手することができます。
作業の流れは下地をできるだけ研磨を行い、パテ処理などを済ませてからアンダーコートを塗る方法、乾燥後には専用の塗料をローラーで塗り広げる作業で完了させることは可能です。
塗料は2液混合タイプが該当しているので、大き目のトレーと撹拌する道具も必要とされ2回塗りを行うことで耐久性を高められます。

お風呂修理業者はどこに依頼すればいいのか?

毎日の疲れをいやしてくれるはお風呂ですが、お風呂は仕事や日常の疲れをいやして明日への活力を得ることが出来ますので忙しくても、シャワーで済ませるのではなく方までゆっくりとつかることをお勧めいたします。
しかし、時にはお風呂が壊れてしまうことがあります。シャワーの出が悪い、浴槽からお湯が漏れる、お湯が沸きにくい、といったことなどです。
そのような時にはお風呂修理を業者に依頼する必要があります。では、お風呂修理業者はどんなところに依頼したらいいのでしょうか?それは、スピーディーに応じてくれなおかつ良心的な価格設定を行っているところです。
依頼してなかなか修理に来てくれない、となるとストレスがたまる一方ですので、依頼する前にどのくらいでお風呂修理を行ってくれるか、費用はどのくらい必要か、といったことなどをきちんと確認することは大切です。
加えて口コミ評価などもインターネットなどで確認することも重要なことです。

お風呂修理に関する情報サイト
お風呂修理の情報サイト

お風呂で起こりやすい水漏れトラブルは大半が設備の経年劣化が原因と言われています。シャワーヘッド、蛇口からの水漏れは、部品交換や市販の工具などで改善するので素人でも対応は可能です。浴室のヒビ割れによる水漏れは、中途半端な知識と付け焼刃の修理ではより状況が悪化するケースもあります。お風呂修理を専門としている業者に修理の依頼をしすることが大切です。修理代が高くつくようであれば、リフォームによる交換も視野に入れる必要があります。

Search